スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おもしろい話

    僕の母は以前パン屋で働いていました。

    そのパン屋さんはずっと家族で経営されていて、そこに他人が始めて勤めに来ました。

    他人とは僕の母の事です。

    そのパン屋さんの主でもある親父さんは、こちらから何か嫌な事をしたわけでもないのに、いつもいつも冷たく何かと強く当たって来ました。

    そこで母は「なんで私にだけこんな態度なんだろう」と不思議な気持ちと同時に少し怒りの気持ちも混ざっていました。

    その後も親父さんの態度は変わらずしばらく続いて行きました。

    そこで母は特に嫌な事を親父さんに対してしていた訳ではないのですが、気持ちを改め、親父さんに対して怒りのな感情を一切持たずに接する事にしました。

    そしてまたしばらく経ちました。

    すると、どういう訳か徐々に親父さんの態度が変わってきたのです。

    母が始めの頃と変化したのは、ネガティブな感情を親父さんに対して抱かなくしただけです。

    特に親父さんに対してお世辞を言ったりだとか喜んで貰える様な事をした訳でもないのに。

    それを聞いて僕は思いました。


    これはカルマの法則ではないかと。



    (カルマの法則とは簡単に言うと自分の行いがそのまま自分に返って来るというものです。
    良いことをしたら自分に良いことが返ってき、悪いことをしたら悪いことが返って来るというものです。
    もう少し説明しますと、良い事が返って来ると言ってもおそらくあなたの価値観の「良いこと」とは異なるかもしれません。
    「人にいっぱい奢ってあげたからいつか宝くじに当たる」とかそういうことじゃないんです。)


    この出来事は、おそらく母の持つカルマが1つ浄化されたのではないでしょうか。

    あなたの周りにもいませんか?自分が何をした訳でもないのに理由も無く強く当たる人、仕事を押し付ける人、いじめられる人。

    そう、あなたは本当にその人に何かをした訳ではないのです。

    ただし「今生では」です。

    人には肉体だけでは無く魂が存在しています。

    嘘ではありません。むしろ魂が真実のあなたです。

    母は今生では親父さんに何かした訳ではありません。

    しかし、前世で親父さんの魂を持っていた人に何か良くないことをしたとしたらどうでしょうか。


    つまり仕返しです。

    魂は誕生した時からこれまでを全て記憶しています。


    この前世で起きたカルマを今生で浄化させようとしたのです。


    もちろん親父さん自身は何も覚えていないし、母に強く当たる理由を聞いてもおそらく「なんとなく」と答え明確な理由は得られないでしょう。

    これはまさしく試練なのです。

    人はカルマを1つ1つ清算し浄化する為に生きています。

    この浄化する行為が魂の栄養となり進化となります。

    世の中には理不尽な事が多いように見えますね。

    例えば生まれつき家庭が超貧乏で、食事をするのもままならない状態なのに、あそこの家はお金持ちでなんでも自由に買えるし食べる事も出来る。
    あの生徒や同僚はチヤホヤされてるのに自分はいつも隅に居て疎外される、など。

    これはあなた達の試練なのです。

    この試練というのはその人のレベルに合わせて課せられます。

    だから人比べるのはちゃんちゃらおかしいのです。

    僕達はなぜ苦労の度合いや幸せの度合いを他人と比べるのでしょうか。

    それは人は皆同じ人と考えているからです。

    そういう意味で平等と考えているからです。

    確かに姿形はみな同じです。

    しかしその同じ姿形の中にある魂は、同じ人間に見えてもまったく違う物なのです。

    このように考えてみると至極自然な事ではないですか?

    様々な境遇があって当たり前なのです。

    僕達は平等の本当の意味を間違っています。

    この世の中は本当の意味では平等です。



    人にはそれぞれ与えられた運命だけで人生は決まりません。

    大事な事を言います。

    人には人生において選択が与えられています。


    自らの選択によって人生を切り開いていける術を与えられているんです。

    最大の選択の過ちは人の命を絶つ事と自殺です。

    この2つはいかなる理由があってもしてはならない選択なのです。

    言わなくても理由はわかりますね。

    普通の人には簡単にこんな行為は出来ません。

    それにこれらは良くないこととして当たり前に認識されています。

    これらは基本的に出来ないように予めインプットされていて、タブーとされているからです。

    しかし一方で平気で人を殺す人や苦しくて自殺する人もいます。

    このタブーを選択をしてしまう原因はなんなのでしょうか?

    1つ簡単に言うとすれば、宇宙から見れば地球人自体がおかしくなっているということです。

    これらはおそらく僕達が引き起こしたというよりも、今も僕達の背後にいる、遠い昔、本当に遠い昔の人類の起源と深く関わって来ていると感じています。
    この事については書きません。

    はっきりとわからないからです。
    非常に重大な事ではありますがまだ書けません。



    このようにカルマの法則に潜在意識的に気付き、真実に気付く事が人間を本当に救える薬なのではないでしょうか。
    これに多くの人が気付けただけでどれだけ世界が変わることでしょうか。
    僕達みんなが、人類など生きとし生けるものを愛し受容し共存していくだけでどれだけのエネルギーが地球自体を包み込むでしょうか。それが全ての事柄の解決になるのです。

    そんな地球素晴らしいとは思えませんか?
    僕は心の底から思っています。







































    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://pablohablo.blog.fc2.com/tb.php/7-7307c3d5

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。