スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    GOPを作ってみました

    以前から作りたいと思っていたGOPを作りました。

    材料は写真の通りです。
    ちくせつにんじんカワラタケ
    レイシ

    上からチクセツニンジン、カワラタケ、霊芝です。

    作り方としては5mm角ぐらいになるようにミキサーなどで粉砕します。

    上の画像はまだミキサーにかける前の写真です。

    そんなに慎重にならなくてもサイズは割と大雑把でも良いみたいです。

    分量は色々とあるようですが、カワラタケ10g・チクセツニンジン3g・黒霊芝5gにしました。

    本来はこれらを全部一緒にお茶のパックなどに詰めて土瓶などで煮出すのですが、持っていなかったので茶漉しをステンレスの鍋に入れ煮出しました。

    煮出している様子です。
    GOP

    水の分量は800ccを沸騰させ弱火にしてから材料を入れました。

    これを1時間~2時間程度経たせると丁度500ccになりました。

    上の画像は1時間ぐらい煮出した時の写真です。

    味は正直言っておいしくはありませんでした。。。

    味自体がまずいというより、苦味が割と強かったです。

    この材料は全て知人から譲ってもらった物で、霊芝はふるさと村開発センターで買った物ですがこれがどうやら苦いらしく、説明にも苦霊芝と書かれています。

    効果としては健康体でなおかつまだ100ccしか飲んでいないので劇的な効果はわかりませんでしたが体は少しポカポカしてきました。

    五井野博士の作る本物のGOPを是非一度は飲んでみたいです。

    どんな味がするのかな?

    今後の放射能汚染や、病気にはこれで乗り切っていこうと考えています。

    どんな恐ろしい物が入ってるかわからない病院の出す薬なんて飲めた物じゃありません。

    こちらに公式の作り方などが載っていますが、こちらには煮出す最良の時間が2時間半と書かれています。

    サイズは5mmが最良と書かれていますね。
    また、菌糸状体細胞を原料とする場合には、乾燥した粉末状体を用いることが好ましい。と書かれています。

    2時間半で800ccが500ccになれば一番良いということですので僕の場合は1時間程度早く出来上がってしまいました。

    ステンレス製などではなくやはり土瓶などを使ったほうがじっくり煮出せるということでしょう。

    放射能の問題はまだまだこれからなので是非今のうちに一度はGOPを作っておいてはいかがでしょうか。

    また体調が優れない方も改善されると思います。


    「追記」
    飲みにくくしているクセのある苦味について大きな誤解をしていたようなので訂正します。

    1つ1つの味を知りたかったので材料をかじってみました。

    まずは霊芝ですが苦味はまったくなく、さらにクセもほとんどない。

    次にカワラタケをかじりましたがこちらも霊芝と似たような味でクセもない。

    まさか、犯人はニンジンなのか?!

    と疑いつつかじって見た所、なんとこいつでした。

    噛めば噛むほど苦味が増してきてニンジンの味もすることはするのですが、それに勝る苦味とクセでした。

    このクセと苦味さえなければまったく問題なく愛飲出来ます。

    今更知ったのですが、どうやらチクセツニンジンは苦味がかなり強いらしいです。

    デンシチニンジンやオタネニンジンも苦いらしくこればかりは仕方ないのかもしれません。

    ですが、博士の作るGOPは味も追求して飲みやすいみたいです。

    どんな裏技が隠されているのでしょう。

    やはり一度でいいから飲んでみたいものです。

    GOPを作ったことがある方で、割とおいしく出来ちゃったという方はコメントなどで教えて頂けると嬉しいです。




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://pablohablo.blog.fc2.com/tb.php/32-d08998fb

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。