スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「祈り〜サムシンググレートとの対話」を見に行って来ました

    昨日は、川越スカラ座に行って来ました。

    僕は第一部の方へ参加したのですが、平日で雨が結構降っていたにも関わらず満席でした。

    滝沢さんと握手出来たのも嬉しかったです。

    この映画は「祈り」と「願い」の根本的違いや、祈りのパワーは科学的に証明されつつある事や、遺伝子にはON、OFFのスイッチがあるといった内容です。

    ですが僕が感じたこの映画が本当に伝えたいとしていることは、人の心の在り方ではないかと思います。

    我々は困ったときや助けが欲しいとき、無意識的に、または明確に願望を抱きます。

    例えば大きな事で言えば、自分は重い病気だから治して欲しいと願いを掛ける。

    小さな事で言えば宝くじが当たるようにとか、受験が合格しますようになど。

    この願いの向かう対象は偉大なる何かの存在(サムシンググレート)です。

    しかし、これは願望であり祈りとはその性質がまったく異なります。

    簡単に言えば願望とはエゴの占める部分が多いです。

    そしてその多くの願いの対象は自分にとって有益である場合が多いです。

    祈りというものは、エゴではなく前提に感謝があります。

    祈りとは願望(受身の精神)ではなく与える精神です。

    感謝をするという行いは与える精神なのでそのお返しのなようなものとして良いことが返って来るのです。

    これもカルマの法則ですね。因果応報。

    祈りとは感謝で願いとはエゴです。

    そして感謝のない願望はどこにも届くことはありません。

    我々はいつしか個、身内の事ばかりに有益を求めるようになり、仮にそれら以外に対して有益な願望を抱いていたとしても、それは二の次で順位で言えば「身内→その他」となってしまっています。

    しかしそれでは何の効果もありません。

    これはスピリチュアル的な視点だけで駄目ですよと言っているのではなく、科学の分野においても実験によってこれらが実証されてきています。

    このような実験や遺伝子のON、OFFなどについては是非映画をご覧になってください。

    最近の世の中は目に見えない事柄がテクノロジーによって五感でも感じ取れるようになってきました。

    不思議なもので、人は時に願いといったような目に見えない形の行為をとりますが、多くの人はなぜか目に見えない事は信じません。

    この矛盾は相当におかしなものです。

    人は潜在意識的にはこれらの見えない力の作用を信じているし存在を知ってはいるのだと思います。

    しかしそれを時に否定してしまうのは、やはり以前の記事で書いた常識的観念が頭に刷り込まれているからだと思います。

    またこのような映画を見た時、刷り込まれた観念とは反対の物事を見たり聞いたりした時、その現象や存在には納得するのになぜか「特別な事」として頭で処理し片付けてしまいます。

    そしてまたいつもの常識的観念を軸に日々生活をしています。

    これは五井野博士の講演会などでも言えることで、博士がおっしゃったことに納得しそれを理解したとしても、やはり日々の考え方には反映させず、次の日にはまるで無かった事のように振舞います。

    これらは全て真実であるはずなのに「特別な事」として片付けてしまう人間の現象は異常であり大変恐ろしいことでもあると僕は思います。

    もう一つ言えば、講演会などに参加したり、そのような難しい事を考えた時点で精神的満足をしてしまう事です。

    この二つに共通して言える事は当事者意識の欠如だと思います。

    言い換えれば常に傍観的という事になります。

    「特別な事」として片付けてしまう現象は当事者意識が無いから起こります。

    そして当事者意識が欠如するのは常識的観念がそれらの存在を否定するからです。

    それによって常に無意識に傍観的になっているのです。

    傍観とは精神的傲慢さだと僕は思います。

    この当事者意識を持つということは何よりも大変な作業です。

    持とうと心に思ってもそれは出来ません。

    唯一の方法はやはりこの常識的観念(頭のシステム)を根本から変えていく必要があると思います。

    むしろそれ自体が大変難しいですが・・・

    一番の近道は論点がズレていると感じるかもしれませんが、「自然」に触れることです。

    自然とは宇宙の意思がそのまま反映されている言わば真理がそこにはあります。

    反対に一番良くないのは常識的観念の創造主である、今のこの社会システムの中で今まで通り生活することです。

    特にシステムの中枢である都会はよくありません。

    毒を以って毒を制すでは無く、毒から一度離れ真理の中で生活することが一番の近道だと思います。

    要は常識的な場所や物から離れましょうと言う事です。

    確かに今住んでいる場所から急に移動するのは難しいと思います。

    しかし住む場所以外にも真理に触れる方法はたくさんあります。

    五井野博士も色々な所へ出張し講演をしてくれますし、真理を書いている本などもたくさんあります。

    この間紹介したツイッターの「アミの言葉」を読むことも真理に触れることになります。

    他にも「天下泰平」さんや「zeranium」さんの所で素晴らしい記事がたくさんあります。

    このように真理に触れることは一番大事な事ですが、一つだけ気をつけて欲しいことがあります。

    色々知り、それらにある程度精通した時、人は時に傲慢になります。

    これは精神的傲慢さで何にでも言えますが慣れた頃が一番危険です。

    これとセットでついてくるのが精神的満足です。

    何故このような現象が起きるかは、知識だけを詰め込み本当の真理を理解していないからです。

    そしてこの傲慢さや満足はまた傍観的意識を生みます。

    万物は平等です。

    平等という真理を理解する事が出来れば傲慢さは無くなります。

    知っていることは偉い事ではありません。

    出来る事は偉い事ではありません。

    偉いというのは何かと比較をした時に出てくる概念です。

    しかし平等という本来の意味は、一人一人がオンリーワンという事です。

    真理がわかったとき比較という概念は思考から無くなるでしょう。

    その時初めて傲慢さが無くなると思います。

    気付けばだいぶ長くなってしまいしました。
    ですが今回書いた事は、自分で言うのも何ですが誰にでも陥る可能性のある非常に大事な事ではないかと思います。


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://pablohablo.blog.fc2.com/tb.php/30-c3f30f16

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。