スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    奇跡というその概念は幻想ではないか

    ふと思ったことがあったので少し書きたいと思います。

    日常的に奇跡という言葉をよく耳にします。

    ではその言葉の意味を少し解読していきたいと思います。

    奇跡という言葉が使われるタイミングとは、今までの自分の経験や常識的観念から起こりえる筈が無いと思う現象を奇跡と呼んでいますね。

    まず僕の結論から言いますと、奇跡という現象は存在しません。

    先程言いましたとおり人は経験や常識から考えられない現象を奇跡と呼びます。

    その経験や常識とは目に見える物ばかりで形成されています。

    要は今まで五感で感じ取ってきた記憶です。

    例えば、末期のガンで死ぬ一歩手前だった患者から、薬も何も飲んでいないのに急にガン細胞が一切無くなった。

    大半の人はこれを奇跡と呼ぶでしょう。

    なぜこれを奇跡と呼ぶのかは、経験や常識的観念からありえない現象だからですね。

    しかし真実と対峙した時、ありえない現象などこの世の中存在しないのです。

    人が奇跡と呼ぶ現象は紛れも無く起こった真実その物なのです。


    実際に直面したとおり起きた現象なのですから。

    しかし人は奇跡という言葉でこの現象を容易く片付け、経験や常識という思考を基軸に置きながら、以前と変わらずそれを真実として生きています。(ここが大事です)

    これは普通に考えればおかしな事ですね。

    まるで無かったかのような事にして、都合のいいときは奇跡という言葉で片付ける。

    何故このような事が起こるかは簡単だと僕は思います。

    左脳が洗脳されているからです。

    瀕死の患者が目の前で完全復活したという現象をまず右脳で感じます。

    その時点ではこれは紛れも無い事実として納得します。

    納得というよりもそれが起こったと認識します。

    それは奇跡でも何でもなくシンプルに「起きた現象」です。

    この時点では、奇跡という概念は存在しません。

    そしてその後、その情報は左脳に伝わり現象を分析します。

    そこで初めて、経験や常識からありえない現象だから奇跡という答えを出します。


    さて、経験や常識とはなんでしょうか?

    教科書に載っている事だったり、どこかの偉いと言われている科学者や教授や過去の偉人と呼ばれている人や、はたまた自分の目で見たことや耳で聞いたことが大半です。

    そしてこれらの情報が左脳に入り込み、それが年月を掛けて支配し人の出す答えの基盤となります。絶対的なモノとしてその答えは脳を支配します。

    僕がこの話の中で本当に伝えたいことは、

    少なからずほぼ100%の人々が何らかの形で洗脳されているという事です。

    そして大半の人が、思考して出した答えは自分の出した本当の結論だと信じています。

    しかし実際は、あらゆる方向から洗脳され支配された左脳が出した結論です。

    そのような答えを出す方向へ操作されているのです。


    僕は是非、右脳で感じたままを信じて欲しいのです。

    宇宙人なんているわけないとか、UFOなんて存在しないとか、僕がブログでこうして書いている内容がトンデモと思ってしまうのも、支配された左脳が出した答えに気付いて欲しいのです。

    普通に考えたら、これらの事が信じられない訳がないはずなのです。

    どこまで広がっているかもわからないこの宇宙で、空を見上げると無数に見える星に生命がいないと考えてしまう方がおかしいのです。

    これは分りやすい例えでしたが、目に見えない力ももちろん存在しているのです。

    どうか五感で感じ取れる現象を全てとせず、ありのままの世界の姿を見て欲しいのです。

    支配された思考の末に出した答えが全てでは無いと気づいてほしいのです。

    「自分は洗脳されていたのかもしれない」と素直に認め気付く事から真実は見え、あらゆる物を疑う事から解放されるでしょう。

    また反対に今までの常識や経験を疑う事も出てくるでしょう。

    そしてそこから、あなたの世界は広がっていくと思います。



    {追記}
    五井野博士が講演会で超次元のお話など高いレベルのお話をあまりされないのも上に書いたように、あまりにも人々の洗脳が強いが故に、初めての方などに高いレベルの話をしても拒絶や否定をしてしまう為だと思います。
    これらはもちろん博士の自分の保守から来るものではなくて、僕達の洗脳を少しずつ解き、真実を知ってもらう為だと思います。良い方向へ導く為だと思います。
    結局は僕達の為であり、博士の愛情です。
    この博士の愛情という部分は間違いないと断言します。
    直接博士にお会いし、博士の波動を感じれる人なら疑いなくそう思うでしょう。





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    Re:ハリーさん

    コメントありがとうございます!
    博士や天下泰平のブログを書いておられる滝沢さんに初めてお会いしたときは、実際の体格や身長よりもとても大きく感じました。
    僕に「何かが見える」特殊な能力はありませんが、その人の出すオーラや波動のような物が実際よりも大きく見せたのではないかと思っています。そしてそのような人に触れるとやはり温かくて心地よかったんです^^
    博士の著書、是非読んで行きたいと思っています!
    若さ故の過ちはあるでしょうが、反対に若さのエネルギー全開で地球を優良惑星にしていけたらなと思っています!
    こちらこそ宜しくお願いします^^(僕の父は完全に左脳がやられているのでハリーさんが羨ましいです(笑))
    2013-01-30 02:22 ハブロ #- URL [ 編集 ]

    ハブロさん こんにちわ。ブログ拝見しました。そしてとても純真さを感じました。五井野博士に2度あったのですね。そして博士の波動を感じることが出来るんですね。素晴らしいことです。博士の著書も是非お読みになってください。正気に入ることができると思います。年齢は親子?!程違うけど(ハブロさ~ん、お若いです~、、うらやましい、、笑!)今後とも宜しくお願いします。一緒に博士に学んでいきましょう!
    2013-01-29 18:53 ハリー #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://pablohablo.blog.fc2.com/tb.php/16-85e0597a

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。