スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宗教なんかいらない

    最近、宗教とは何だろうと少し考えていました。

    なぜ真実は1つしかないのに、これ程までに「教え」を説くものが存在するのか。

    1つの結論に達しました。

    宗教とは縛りであると。
    それと同時に人々の意識を拘束させるための洗脳の道具だと。


    様々な宗教には色々な規則がありますね。

    規則とは縛りです。縛りとは可能性を封じるということです。

    この場合の可能性とは考えや意識の事です。

    いわゆる信徒達を盲目にするということです。

    そしてこの可能性を封じる事で誰が得をするのか。

    それは皆さんもうご存知だと思います。

    宗教の裏には何か多大な影が存在しているものです。

    それはもちろん得をする誰かがいますから当然ですね。

    バチカンなんかは悪魔の国家です。

    キリストの教えを信仰しているようでいて今の実態はもはやサタン教です。

    それはすべての信徒がそうと言っている訳ではありません。

    あくまでも上層部はということです。

    そして現在の表のサタンをやっているのが現ローマ法王ベネディクト16世ではないでしょうか。


    ちなみに顔はこんな感じです。
    ベネディクト16世1
    ベネディクト16世2
    ベネディクト16世3
    一番下は一昔前の写真のようです。



    さすがサタニスト集団を束ねる長という感じですね。

    日に日にサタンそのものに近づいてるようです。

    このローマ法王もレプティリアン・イルミナティの手下ですらないようです。

    では話を戻します。

    あなたがもし宗教の信徒だとしたら、そのお金の流れなどを深く調べてみたほうがいいでしょう。

    最終的にどこへ繋がっているのか。

    仮に調べても繋がり自体がわからなく明白にならなかったとしたら早急に身を引くべきでしょう。

    またお金ではなく、キリスト教など有名な宗教の一番の目的は、思考の多様性を奪い停止させることだと思います。

    であるからして、お金うんぬんだけではなく身を引くことをおすすめします。

    世の中には宗教と呼んでいないものでも、宗教となんら変わらない媒体がいくつも存在します。

    テレビもある意味宗教と言えるでしょう。

    多くの人は今でも、特に年齢が上がるにつれテレビや情報を発信する媒体の言う事を信頼し受け入れる傾向が強いです。

    これにより疑い、自分で真実を見る、知るという思考の多様性が失われています。

    そういう意味では宗教の目的と変わりません。


    宗教は思考の多様性を奪い停止させる。もしくはお金目当て。

    これが真実ではないかと思います。









    昨日NHKのアナウンサーが強制わいせつ罪で逮捕されましたね。

    このような事も多くの人はすんなり受け入れてしまいます。

    例えそんな事あの人がするなんて信じられないと思っていても、テレビで容疑者として報道されたら人はそう認識してしまいがちです。

    断言は出来ませんが、僕は冤罪だと思っています。

    このアナウンサーは保守派で、なおかつ選挙が近いということがポイントになっているんでしょう。

    要は邪魔だったんですね。邪魔な奴は排除するよという見せしめの意味もあるのでしょう。






























    1つ言い忘れました。

    僕はキリストの教えをないがしろにするつもりではありません。

    むしろキリストは世の中の真理を知っていたのだと思っています。

    ただ、そのキリストの教えを悪用している組織があるということです。

    今の本当の意味でのキリスト教はバチカンには無いということです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://pablohablo.blog.fc2.com/tb.php/11-f1c2abbd

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。