スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    社会に適応出来ている人間と適応出来ていない人間(2)

    個人の中で何が起きているのかと言うと、
    自己分裂
    を起こしているんです。

    簡単に言うと、心と身体(魂と人格)の分裂です。

    このような分裂を起こす人達とは、とても人間性が高いのです。

    なぜ高いのでしょうか。

    それは「真理」により近い存在だからです。

    真理とは以前の記事に書いたように「愛」の事です。

    今の社会は真理である愛よりも、エゴが充満しています。

    簡単に言うと、エゴ社会と真理との間で左右から精神が引っ張られ分裂を起こしているんです。

    僕は、人々がこの分裂の問題を気付けない一番の原因と思っている事があります。

    それは精神病と鑑定され、様々な薬を出されていることです。

    確かに精神が左右に引っ張られ分裂を起こしてはいますが、精神自体は異常ではないのです。

    なぜ異常でないかはもうわかりますね。

    真理により近い人間、すなわち慈愛の心を多く持つ人間が異常な訳はないのです。

    はっきり言いますと、他人の事よりも自分の事を第一に考える人々のほうが異常な訳です。

    このように精神病と勝手に診断され、薬を飲み続けそれでおしまい。

    このサイクルが今の現状なのです。

    もし周りに、自分の意思とは反対なのにひきこもりになっている人、不登校の子供、社会から外れてしまった人がいたらよく観察してみてください。

    社会やあなたの常識や価値観で見るのではなく、真剣に話を聞いてみてください。

    人としておかしな事を言っていますか?

    むしろ温かい優しい心を持っていませんか?

    学校へ行き、社会に出て働きお金を稼ぎ、自立する事だけがまっとうな人間な訳ではないのです。

    後になりましたが大事なことを言います。

    ひきこもりや社会に出ていない人の中でも様々に分かれます。

    全てのこのような人たちが真理により近い人間という訳ではないのです。

    僕が言いたいのは、自分の意思とは反対にひきこもりになってしまう人の事です。

    自らの意思で働きたくないからひきこもる人とは現象は似ているようでまったく異なります。

    ポイントはその人の心情です。




    話は変わりますが・・・
    まったくもって理解出来ないかもしれませんが・・・
    ひきこもりなどこの人々に起こる様々な現象は、人類の進化や巷で言われるアセンションに大きな関係性を持っています。

    これは起こるべくして起きたイベントです。

    この問題も細かく話して行けば、最終的に宇宙レベルの話になります。

    実は地球の中だけの人類だけの問題ではないのです。

    現社会で起きている様々な問題と(ひきこもりだけの話ではなく、金融崩壊など社会のあらゆる事案)このアセンションを結びつけ理解しなくてはならないでしょう。

    もう時期は訪れたようです。

    そろそろこの眠っている真理により近い社会不適応者達を解放し、リーダーとする時が来たのではないでしょうか。

    ところで社会不適応者とは響きが悪いですね。

    「不適応能力」としましょう。

    この言葉は僕の尊敬するある先生が考えた言葉です。


    これから世の中は大変な事が次々と起こります。

    しかし、今社会で上手く生きていけずに苦しんでいる人達。
    もう大丈夫ですよ。

    あなた達は人類にこのままじゃいけないと警鐘を鳴らしてくれました。

    あなた達は自分の存在が他人に迷惑をかけ、必要のない存在じゃないかと思っていたかもしれません。

    それは違うんです。ひきこもる事や社会に出れないという行為自体が、十分に我々人類に大事な事を教えてくれました。

    はっきり言います。

    あなた達は迷惑どころか尊敬に値します。

    人類を救ってくれたと言ってもまったく遜色ありません。

    ただ、まだ油断はしないでください。


    これから災害や悲しいことがもう少し続くでしょう。

    しかし、耐えてください。

    あなた達は耐えられます。

    あなた達は孤独で自分は1人と思っているかもしれませんが、多くの、すぐ近くの周りにはいなくても、本当に思っているよりも多くの仲間がいます。

    僕もその一人です。

    耐え抜いた後には徐々に違う世界が見えてきます。

    その光を一緒に見れたら僕は嬉しいです。



    コメントでも、メールでも構いませんので何かあれば言って下さい。

    メールはページ右側のフォームからお願いします。




    スポンサーサイト

    社会に適応出来ている人間と適応出来ていない人間(1)

    世の中には、それなりにこの社会に適応し生きている人間と、適応出来ずに生きている人間がいます。

    適応している人間とは、この世の中に対して疑問を持つ持たないに関わらず、自分の意思さえあれば社会へ向けて自分を出して行ける人。

    適応出来ていない人間とは至極様々ではありますが、自分の意思に関わらず社会へ出ることが出来ない人、もしくは過去に出来なかった人。


    いわゆるひきこもりであったり不登校生であったり、またこれまで普通に行っていた仕事に、訳もわからず突然行けなくなったりなど、精神病と診断されてしまう方が増えています。

    僕は決してそのような方々が異常だとは思っておらず、もちろん心理的に甘えているなんて事はまったく思っていません。

    そしてそのような方々が非常に優しい心の持ち主で、誰よりも家族や周りに対して申し訳ないという深い思いがあることを知っています。

    また彼らは自分だけ別の世界へ放り込まれたような感覚に陥り孤独です。



    さて、様々な機関や行政などがこれらについて対策をとっていたり相談を受けたりしていますね。

    しかしどうでしょう。年々増え続ける若年層だけに留まらないひきこもりや自殺者。

    事態はどんどん深刻化していっています。

    この問題は本一冊程度の内容じゃまるっきり足りない程、様々な事が関係性を持ってきます。

    ではなぜこのような事態が起こるかのかを大事な前置きだけ説明します。

    最初に言わせてもらいますとこの問題は、
    当事者個人だけの問題ではなく地球レベルでの問題なのです。

    機関や行政などが、目先に見えている現象(仕事復帰だったり登校復帰、いわゆる今までの生活に戻す事)のみを解決しようとしているから何も解決しないのです。

    結論として言えば、
    全人類がこの問題の真実に気付き変わっていかなければ到底解決など出来ないのです。

    ここまで読んでみると何がなんだかわからなくなるでしょう。

    普通は「学校へ行けないのなら行ける様にし、仕事へ行けないのならまた行けるようにすれば解決じゃない」

    と、このように思うはずです。元々いた土俵へ戻すということです。

    これで事が解決するのならとっくに解決していますね。

    一度復帰出来たとしてもまた元に戻ってしまう人がほとんどです。

    また新しく適応出来ない人々が出てきてどんどん増え続けています。


    前置きが長くなってしまいしました。
    しかし非常に重要な事なんです。
    次の記事でこの現象について、個人の中で何が起こっているかを書いて行きたいと思います。

    知っておきたいこと

    地球に存在するいわゆる人類と呼ばれているものの中には、元々地球発祥の存在、他の惑星から転生してきた存在、この2つが存在している。

    細かく分ければもう少しあるはずだが大きく分ければこの2つなのである。

    そして、現在存在しているほとんどの人類は前者である元来地球に存在してきた魂である。

    役割としては、元々地球の先住民達は成長の過程を進む為に存在している。

    これはあらゆる何かの1つということではなく、これこそのみが地球での目的なのである。

    そして転生してきた魂達。

    この魂に関しては様々な役割があり一言で説明するのは難しいが、すべての転生してきた魂に共通することは、地球元来の魂を進化させる為のスパイスを与えるものとして存在している。

    地球人は成長過程の最中である。

    転生してきた魂も成長過程ではあるが、既にある程度の進化を終えた存在なのである。

    言い方を変えれば、地球で行うべき事柄を既に果たし終えてる者達。

    よって転生してきた魂達は、基本的に真理である愛以外の概念は持ち合わせていない。

    もちろん憎しみや怒りというネガティブな概念が幻想ではあるがこの地球において存在しているということは認識している。

    またそれらが幻想であるということも魂達は知っている。

    しかし、これらを忘れている。

    生まれたときから死ぬまでパーソナリティー(人格)と魂が一致しているということは非常に稀である。

    それは地球の先住民達に惑わされ、潰されるからである。

    赤子のうちは魂がパーソナリティーによって影響を受けることはほとんどない。

    これはパーソナリティがまだ未完成で、魂の状態の時の(真理そのものの状態)
    余韻が色濃く残っているからである。

    やがて霊界(魂の居住区)と比べ極端に波動レベルの下がる地球に時間を置くに連れ、
    パーソナリティーが魂に悪影響をもたらす。

    この悪影響は基本的に右肩上がりで、時間が経つに連れ大きなものになってくる。

    するとどうなるか。

    真理である魂とパーソナリティーの分裂が起こるのである。

    分裂を起こすメカニズムは簡単だ。

    パーソナリティーと魂の不一致。これだけなのだ。

    感覚としては「幻想7真理3」の割合になった辺りから急激に悪い方向へ加速しシフトしていく。

    時間が経つに連れパーソナリティーが主導権を握り、
    それを真理だと勘違いしてしまうのである。

    しかし、決して魂の持つ真理の部分が消滅するわけではない。

    それは当たり前の事である。真理は魂であり幻想は幻想なのだ。

    いくら幻想でスモークを撒いたとしてもスモークが消えれば真理がそこに存在するだけなのだから。

    分裂を起こすと、時間と比例しそれはどんどん肥大し色の濃いスモークになっていく。

    これらが最悪の結果をもたらすと、自殺する1つの原因なのである。

    これはなんとしてでも避けなければならない事である。

    自殺というのは真理とは真逆の行為。

    幻想の王なのである。

    この最悪の事態を回避する方法。

    それは思い出すこと。潜在意識的に真理をすべて思い出すこと。

    私達転生してきた者も元来地球人も元々教えられているのだ。真理が何であるのかを。

    しかし今の地球上で思い出す方法自体が非常に難しいのである。

    それはこの地球の完全支配を行っているある者達の存在。

    この勢力のがあらゆる手段を尽くして真実から遠ざけようとした。

    これは、ここ数年ということではなくずっと以前からだ。

    この勢力ががんじがらめに縛りつけ操作し洗脳し支配している。

    いわゆる地球のガンなのだ。宇宙規模でもガンである。

    ここで大変重要な事がある。

    このある勢力がガンであるということに嫌悪感や憎しみや怒りをもつ人間が大半であろう。

    また結局このような真実を知ったときや何か自分にとって嫌な事が起きた時、ほとんどの人は必ずネガティブな感情をその対象に向ける。

    しかし、それは絶対に抱いてはならない感情なのである。

    抱いてはならないというよりもそれらの感情自体が幻想なのである。

    真理は愛でネガティブな感情は幻想であるといったように、この憎しみである矛先の勢力を愛で受容し包み込み、
    愛さなければならないのである。

    これが真理なのだ。

    ただ勘違いしてはいけないのは、愛で受容し包み込むと言っても、その行為自体を許してはいけない。

    もっと身近な話で言えば、自分の愛する何かが命を奪われたり酷いことをされたとしても、その相手を受容し包み込み愛すことそれこそが真理なのである。

    これらは本当に非常に重要なことだ。

    まずはこれらを正しく潜在意識レベルで理解しなければ真理に近づくのは到底無理である。

    この地球には真理を思い出す方法や、真実に気付く方法が既に存在している。

    人類が真理である愛に偽りなく日々過ごしていけば気付くはずである。

    何か見えてくるものがあるはずだ。

    どんな小さな事や当たり前だと思っていることも今一度考えてみるべきではないだろうか。

    例えば動物を食べるだけでなく、ファーや皮製品など装飾品に利用しているという残虐なこと。

    動物実験。

    これは人間のエゴを満たす為だけの殺戮だということ。

    金儲けの為の必要以上の消費、生産。

    探せば他にいくらでもあるが、これらは全て愛とは反対の行為である。

    ここで見えてくるものは全て人類のエゴの塊である。

    間違いだらけの事が常識化し許され、非常にもどかしくもったいない世の中であると感じている。

    人々が気付き、懺悔し、真理へ進んでいくべきではないだろうか。

    その時に生じる美しいエネルギーが今までの全ての問題を解決してくれるだろう。


    まずこれらに気付くことが我々の第一歩なのではないだろうか。

    人類はいつまで幻想にしがみつき真理(神)を冒涜するのであろうか。

    この行為自体が最大の罪であるということにいつ気が付くのであろうか。

    一方で気付き始めている人間もだいぶ増えてきているのも事実だ。

    我々は悲観的にならずに永遠に希望を捨ててはならない。

    1人1人が小さな事から違和感を持ち気付く事が最重要事項なのである。

    byハブロ

    人類の起源

    エゴというものは2種類ある。

    必要性のあるエゴと(あるべくして存在しているエゴ)とその反対のエゴ。

    必要性のあるエゴとはエゴと呼ばないのかもしれない。

    なぜある者達がのエゴが人類改良という方向へ向いたのか。

    おそらく支配欲。今の人類でも邪悪な者が行おうとしている「One World」ではないだろうか。

    もっと重要な何かが隠されている気はするが・・・

    奴等の強大なエゴのエネルギーを見ると、神をも支配しようとしているのではないだろうかと感じる。

    実際は存在している次元自体が違うので無理な話ではあるが。

    おそらく、数ある惑星を次々に侵略し支配し、自らが王となる事が目的であるのではないだろうか。

    地球を侵略したのは他の惑星を支配するのとは違い、基盤となる基地として選んだのではないだろうか。

    さらに利用するのに非常に条件のいい人類(最も発達の遅れていた地球人)が存在したため、

    これを改良し、より支配しやすく尚且つ他の惑星を支配するための戦士に作り上げる。

    byハブロ
























    はじめに。

    この記事を先に書くべきでしたが、非常に大事な事なので先に書いておきました。

    この記事で書くことは基本的には自分の考えです。

    間違っていることもあるかと思います。

    そのような場合は是非コメントなどで指摘して頂けると嬉しいです。

    今はまだ始めたばかりで見に来られる方もほとんどいないので、好き勝手に書いて行きたいと思っています(笑)


    今までブログをやったことがない僕がなぜ急に書き始めるようになったか。

    はっきり言って僕にもわかりません(汗)

    ただいくつか思い当たる事はありまして、

    それは世の中には自己分裂を引き起こしてる方がたくさんいます。

    自己分裂とは簡単に言うと、

    自分の本来持っている純粋な感覚が、

    今のこの社会との常識や教えと不一致してもがき苦しんでいる状態です。

    心と身体の分裂ですね。

    今の社会の現状を見るとよくわかると思います。

    日に日に増えていく若年層の不登校生やひきこもりの人。

    例外はありますが、自己分裂を起こしています。

    また、ある程度年齢の行った方のひきこもりも多いですね。

    こういう方々のほんの少しの希望になればいいなと思ったこと。

    もう一つ。

    社会でそれなりに適応して生きている方々へ向けて。

    こういう考えを持った人もいるんだなぁと存在を知ってもらうこと。

    別に馬鹿にされてもいいんです。

    存在さえ知ってもらえればそれで十分第一歩になると考
    えていますから。


    それと、次が一番重要。

    もう時間がないようです。

    悩んでる暇もうだうだと考えてる暇もないようです。

    確かに僕自身にもなにかこう今までとは違った感覚と言いますか何かとても大きなエネルギーを感じます。

    たぶん気のせいではないでしょう。

    社会的にも表に少しずつ真実が明るみになってきてしまっているぐらい世紀末に近づいていますね。(悪い意味ではないですよ)

    我々が得ることの無い裏ではもっと大変な事が起こっているでしょう。

    少しでも真理を知っている方々が力を合わせて(本当は全人類が意識を1つに)世に広めていかなければならないでしょう。








    真理

    世の中で一番大事な事。

    それは慈愛の心です。

    この慈愛の心を磨く為に我々地球人は生きていると思うのです。

    そうなんです。

    この全宇宙全てに例外なく、「真理」とは「愛」なんです。

    それ以外の概念は、実は何も存在していないはずだし何も必要ありません。

    考えてみて欲しい。

    脳ミソで考えるというより、我々が生まれたときから持っている感覚で考えてみて欲しい。

    この何のしがらみもない純粋な感覚というのが大事なんです。

    この世の中の大半の人は真理とはかけ離れた、だいぶ間違ったことを教えられてきました。

    それもここ数十年という短いスパンの話ではありません。

    あまりにもその間違った教えが多すぎて、生まれたときから持っている感覚がその教えによって中に埋もれてしまっているんです。

    だから、間違った教えでいっぱいの脳ミソではなく、純粋な感覚で感じてみてほしいんです。

    もうそろそろ、真理に気が付き、真実を知るべき時期が来たのではないでしょうか。


     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。